秋の草花

 この1年、地元の園芸店や通販で購入した花が庭の隙間を埋めつつあります。とりあえず今秋咲いた草花を記録しておきます。

 

シュウメイギク

昨秋は外構工事中でデッキの籠に入れていたシュウメイギク、春を待って東の花壇に植えました。

この花は一花一花異なるのが楽しい。

f:id:yuusuget:20191102001948j:plain

 

サクラタデ

偶々見つけた苗を北側のフェンスの前に植えました。

3度の台風でかなり傷みましたが自力で回復、か弱そうで逞しい花です。

f:id:yuusuget:20191102225816j:plain

 

サクラタデ の詳細については前のブログに載せました。

いただいたシロバナサクラタデを持って来られなかったのが残念です。

f:id:yuusuget:20191105014940j:plain

 

こちらのサクラタデも長花柱花でした。

三つに別れた白い柱頭が花冠より長く突出しています。

f:id:yuusuget:20191106005127j:plain

 

 

ユーパトリウム セレスチナム(青色フジバカマ

隙間を埋めたければこの花が早いということは前の庭で経験済みです。

白花1株、青花2株を植えました。

案の定、たちまち繁茂、でもこれではあまりにも旺盛過ぎ。

f:id:yuusuget:20191102231749j:plain

 

源平ツリフネ

10年ほど前に育てた源平ツリフネ、偶々苗を購入することができました。

自生のツリフネソウに比べて優しく可憐です。

2株のうち、中庭に植えた方は7月に咲いてすでに花期を終えました。

f:id:yuusuget:20191103010816j:plain

 

北側の日陰の庭に植えた株は7月開花後、さらに大きくなって9月、2度目の花を見せてくれました。

今朝は最後(?)の一花が咲いていました。

f:id:yuusuget:20191102003710j:plain

 

シロバナホトトギス

北側の日陰の庭に植えました。

愛知の庭より葉の痛みが少なく発育良好です。

f:id:yuusuget:20191102233831j:plain

 

雄しべまで純白。日陰では写真が撮りにくいのが難です。

f:id:yuusuget:20191103020125j:plain

 

セキヤノアキチョウジ

前の庭から一株送ってもらった株は大きく育ったのに、開花前に突如枯れました。

しかし同梱のクリスマスローズの株から伸び出た1本が懐かしい花を見せてくれました。

f:id:yuusuget:20191103014800j:plain

 

シモバシラ

愛知より寒いつくばでシモバシラの霜柱が出来にくいのは何故でしょう。

自分の目で確かめたくてシモバシラを2本購入、中庭と北側に植えました。

中庭は10月始めからにぎやか、北側はやや元気がなく10月下旬から開花中。

f:id:yuusuget:20191103012000j:plain

 

雄しべが揃って長く突出しています。

今年の冬はどちらかの株で霜柱が見えるでしょうか?

f:id:yuusuget:20191103012022j:plain

 

ツキミソウ

前の庭で採取したツキミソウの種子を植木鉢に蒔きました。

種蒔きが遅かったので開花は9月になりました。

こればかりは開花したら室内で観賞できるので鉢植えがお勧めです。

f:id:yuusuget:20191103012632j:plain

 

ツキミソウは夜の花ですが、朝、淡いピンク色に染まっている姿もまたいいものです。

f:id:yuusuget:20191103012906j:plain

 

ヤマハッカ

北側の日陰が気に入ったのか、たちまちこんなに育ちました。

初めて見る野の花、小さな薄紫の花が次々と咲きます。

f:id:yuusuget:20191105230601j:plain

 

花の長さは7mm、辛うじて雄しべが写りました。

薄暗い上、風に靡くのでたいへんでした。

f:id:yuusuget:20191105230617j:plain

 

出会いのまま先着順の植栽です。

それでも1年で家の周りが大体緑になりました。

 

 

 

 

アケボノソウ (栽培品)

 アケボノソウ 

     曙草 リンドウ科センブリ属の 2年草

  学名Swertia bimaculata 

  分布:北海道から九州・中国・ヒマラヤ

  花期:9〜10月

 

これは10年前六甲高山植物園で撮ったアケボノソウです。

初めて見た花に感動したものです。

f:id:yuusuget:20191021004034j:plain

 

今年7月、偶々通販で見たアケボノソウの苗を購入、つくばいの横に植えました。

高さ75cmほどに育ち、10月頃より開花し始めましたが、何か物足りません。

f:id:yuusuget:20191021005422j:plain

 

もっとパッと開いて欲しい。

10月17日 やっとほぼ平開した花。

f:id:yuusuget:20191018234402j:plain

 

アケボノソウの花は直径約2cm。花冠は深く4〜5裂することが多い。

特徴は花弁中央の2個の黄緑斑(蜜腺)と先端部の紫色の小斑点(ガイドマーク)。

これらを曙の空に残る月と星に見立てて命名されたそうです。

  雄しべ5本、雌しべ1本。雌しべは花柱がなく子房の頂上が柱頭です。

f:id:yuusuget:20191018222508j:plain

 

 開花したばかりの花ではまだ雄しべが伸び出していません。

f:id:yuusuget:20191019075803j:plain

 

次第に雄しべが伸び、柱頭も 開いてきます。

この頃すでに蜜腺からは蜜が分泌されているよう。

f:id:yuusuget:20191019074523j:plain

 

雄しべの葯が開く直前、もうアリが蜜を求めて来ています。

f:id:yuusuget:20191019074732j:plain


葯が開いて花粉が出ました。

但し、六甲のアケボノソウに比べて雄しべが短い。

花弁も六甲のアケボノソウは細い舟形ですが、これは先が膨らんで五角形。

平開しにくいのも特徴でしょう。

f:id:yuusuget:20191018223753j:plain

 

 大きなアリ、でもアリは受粉の助けにはなりませんね。

でもこの庭にはハチやスズメガの仲間がよく飛来しますから受粉は出来そうです。

f:id:yuusuget:20191019075513j:plain

 

受粉後。柱頭には花粉が付き、子房も大きくなっています。

f:id:yuusuget:20191019073945j:plain

 

子房を囲むのは萼ではなく、花弁。

萼は六甲のアケボノソウに比べ、大きいように思います。

f:id:yuusuget:20191019073515j:plain

 

花弁が子房を包みました。

f:id:yuusuget:20191019002329j:plain

 

本当にアケボノソウの子房を包むのは萼ではなく花弁なのでしょうか?

確認のため若い実の花弁を少し開いて写しました。

あら? 子房の下方にあるものは何でしょう?

f:id:yuusuget:20191019121307j:plain

 

雄しべ? 若い葯と花糸のように見えます。

アケボノソウの結実画像をネット検索しましたが、このような画像は見当たりません。

ふつうは葯が消えて長い花糸が若い果実から飛び出しているのです。 

f:id:yuusuget:20191019121338j:plain

 

やはり、このアケボノソウは少し変わっています。

上の方の花の子房の多くは膨らんでいますが、一部は受粉できず退縮。

f:id:yuusuget:20191018210355j:plain

 

さらに下の方の花が咲き始めました。

花の大きさに比べて茎も太いようですね。

f:id:yuusuget:20191018235405j:plain

 

しかし花弁が脱落しないので、周辺には花殻も落ちずすっきりしています。

f:id:yuusuget:20191018210259j:plain

 

アケボノソウだと思って育てた株は以前見たアケボノソウとは雄しべ・花弁・萼などに少々違いが見られました。

近縁種があるのかとネット検索してみましたが、ミヤマアケボノソウやシマアケボノソウは別種、その他にはみつかりませんでした。

白い花がぱーっと明るく開花する日を楽しみにしていましたから少々残念ですが、こんなこともあるのですね。

そういえば前の庭には大株のシモバシラがありましたが、雄しべが短かく種子ができませんでした。

 

追記

このアケボノソウについて検索を続けましたところ、よく似た花を見つけました。

 「山野草を育てる」アケボノソウの育て方
 
アケボノソウを種子から2年余育てられたのですが、咲いた花は日光植物園など自生地で見た花とは異なる印象であったと。
その花がまた私の庭で咲いたアケボノソウとよく似ています。
お許しを得てリンクさせていただきましたので比較してみてください。
私のブログのタイトルも「アケボノソウ?」から「アケボノソウ(栽培品)」に変更しました。

転居後1年の中庭

大型台風19号が接近、次第に風雨が強くなっています。

庭にも出られず今日は写真を整理しつつこの1年の中庭の変遷を振り返ってみます(一部、過去のブログと重複)。

昨年10月3日、愛知県の旧庭より移植した3本と新規購入の庭木4本を定植。

f:id:yuusuget:20191011165017j:plain

 

10月7日、芝張り。

息子が生産者の畑で直接仕入れてきた芝生を一人で張ってくれました。

f:id:yuusuget:20191009012711j:plain

 

まだ花は皆無の家に友人から大きなカサブランカの花束が届きました。

玄関にも居間にもそして庭にも分けて活けましょう。

大きな花瓶は断捨離して来たことを悔やみましたが、籠や灯器にペットボトルを入れてにわか花器を創作、また楽しからずや。

f:id:yuusuget:20191011173142j:plain

 

11月、こちらの庭師さんに追加植樹と敷石を依頼しました。

開花中のニゲラや旧庭から送ってもらったクリスマスローズも植え込み。

まだまだ土が露出していますが、東の庭の植栽を優先し、こちらは霜柱を観察しつつ春を待つことにしました。

f:id:yuusuget:20191009014121j:plain

 

4月、ドウダンの白い花が咲き、クリスマスローズがまだ頑張っています。

f:id:yuusuget:20191012001256j:plain

 

5月、真ん中のマルバノキの若葉が美しい。

左方に白色のシャクナゲと紅いヒューケラが開花。

f:id:yuusuget:20191012001842j:plain

 

6月は「庭の樹木 2019.6.4.」の画像の再掲、今日は草花に注目です。

後方の薄紫はアガパンサス

中央前はピンクの八重咲きベゴニア2株、これは長〜く咲き続けます。

f:id:yuusuget:20191012001401j:plain

 

7月 、花友さんからいただいたヤマユリの球根が大きく開花! 

右手前はブルーが美しいロベリア パラシオンブルー、その後にスーパートレニア。 

f:id:yuusuget:20191012001748j:plain

 

ロベリア パラシオンブルーは細い葉とやさしい花が好きでした。

f:id:yuusuget:20191012133339j:plain

 

8月、スーパートレニア カタリーナの威力(これで2株)、敷石が覆われて歩けません。「朝顔につるべ取られてもらい水」の心境です。

後の紫色2株はクサトベラ科の園芸種、スカエボラ。

f:id:yuusuget:20191012005703j:plain

 

9月、厳しかった日照り の日々もこの庭はベゴニアのピンクとトレニアのブルーに彩られて明るく保たれました。

芝生も生育良好、芝刈りは息子が担当してくれています。

幸いにも昨秋から今年の17号までの台風では大きな被害はありませんでした。

これは風雨の中の今朝の庭です。

f:id:yuusuget:20191012121901j:plain

 

揺れる樹々を見ていると真ん中のタイワンツバキに白い花を3輪見つけました。今朝開花したようです。

ああ厳しかった引越しから何とか無事1年たったんだとまた思いました。

f:id:yuusuget:20191012121423j:plain

 

風雨が強くなってきました。

まだ隣県にも前の台風15号・17号の被害が残っています。

どうぞ、19号の被害が少なくて済みますように。
 

 

 

 





 



 



 








 

ルリトウワタ

瑠璃唐綿

キョウチクトウ科ガガイモ亜科ルリトウワタ属 蔓性多年草ないし低亜木。

 

学名:Oxypetalum coeruleum 

別名:オキシペタラム ・ ブルースター ・ ツイーディア

原産:ブラジル南部・ウルグアイ

 

ルリトウワタは園芸店ではたいてい オキシペタラムの名で販売されています。

でもきれいな和名がありますので、Wikipediaと同じく「ルリトウワタ」としました。

今年6月に植えた2株が種子を結びながら今だに咲き続けています。

f:id:yuusuget:20190928230643j:plain

 

美しい青い花、でもガガイモの仲間は何か妖しげな雰囲気です。

花の直径は約3cm。

f:id:yuusuget:20190928234929j:plain

 

 葉・茎・萼 共に毛むくじゃらです。

花弁は厚く、雌しべ雄しべがはっきりしません。 

5枚の花弁、その内側の濃い青色の副花冠も5枚。

中央は雌しべと雄しべが合体した蕊柱です。

f:id:yuusuget:20190929223445j:plain

 

アリが頭を突っ込んでいます。 

花弁と副花冠の谷間に蜜があるようです。

f:id:yuusuget:20190926015111j:plain

 

ガガイモの仲間は今までに ガガイモ・トウワタフウセントウワタを見てきました。

それらに共通するのはクリップのついた花粉塊、老眼の身で今一度探してみます。

これはルリトウワタの花の萼片3枚、花弁3枚、副花冠2枚を取り除き、白い蕊柱を露出させたところです。

下の凹みには蜜がたまり、蕊柱の中央に黒いクリップが5本見えました。

f:id:yuusuget:20190929005053j:plain

 

 クリップの下から針を近付け、そっと持ち上げると黄色い花粉塊が一対付いてきました。

蜜を求めて潜り込んだ 昆虫に花粉塊を凹みの中の柱頭室まで運んでもらおうという仕組みです。

(この画像、更新しました。2019.10.1.15:50)

f:id:yuusuget:20191001154016j:plain

 

受粉するとガガイモのような長い果実ができます。

ルリトウワタの茎は自立しにくく半蔓性。

葉は対生で丸っこい矛型。大きい葉で約7cm。

細かい毛が密集していて灰緑色に見えます。

葉や茎を切ると白い汁が出ます。

f:id:yuusuget:20190930025403j:plain

 

受粉が複雑な仕組みですから果実は少ないのですが、この一株には今までに完熟3個、未開7個。もう一株では完熟1個のみ。但し共にまだ次々と開花中です。 

f:id:yuusuget:20190926022749j:plain

 

灰緑色の果実は熟すと10〜12cm、褐色の紡錘形になり、乾燥して裂開します。

f:id:yuusuget:20190926015039j:plain

 

 中には真っ白な種髪が付いた種子がびっしり並んでいます。

f:id:yuusuget:20190926020404j:plain

 

乾燥すると種髪が付いた種子が風に乗って漂っていきます。

f:id:yuusuget:20190926021851j:plain

 

とりあえず付近のイブキジャコウソウの上に軟着陸。

f:id:yuusuget:20190926022331j:plain

 

ガガイモの仲間の花粉塊

ガガイモの仲間は今までに4種の花粉塊を観察しました。

どれも1mmくらいでピンボケですが、並べてみるとクリップや花粉塊の形が少しづつ違っています。

 

f:id:yuusuget:20190930234452j:plainガガイモ

                                    https://yuusugenoniwa.blog.so-net.ne.jp/2013-09-16    

f:id:yuusuget:20190930234806j:plain トウワタ

                                    https://yuusugenoniwa.blog.so-net.ne.jp/2014-12-12                                               

f:id:yuusuget:20190930235250j:plainフウセントウワタ

                                   https://yuusugenoniwa.blog.so-net.ne.jp/2012-10-29-1

f:id:yuusuget:20191001155113j:plainルリトウワタ

 

こうした観察は植物園の花ではできませんから、やはり自分の庭に咲いた花は有難い存在です。

来年はこのルリトウワタの種子を庭に撒いてみようと思います。







 

日光植物園-2

日光植物園、もう少し続けます。

 

ノハラアザミ

  野原薊  キク科アザミ属多年草 

 

アザミは子供の頃から野山で見ていた花ですが、詳しく調べたことがありません。

まずはノアザミとの違いを調べました。

                                

ノハラアザミ               ノアザミ

学名: Cirsium oligophyllum                  学名: Cirsium   japonicum

分布:東北・中部・近畿         分布:本州・四国・九州・台湾など

花期:8〜12月              花期:春〜秋

総苞:粘らない             総苞:粘る

 ________________________________

ノハラアザミ

花は上向きに咲き、総苞は粘らない。

アザミは棘があって触ると痛いから、触れたことがなかったのですが、ノアザミは総苞片に腺体があり、粘液を分泌しているのだそうです。

f:id:yuusuget:20190917003132j:plain

 

頭花は筒状花のみ。

下の方の雌しべは花粉を押し出し終えて、2本に分かれています。

f:id:yuusuget:20190917023408j:plain

 

白花もありました。

f:id:yuusuget:20190917002928j:plain

 

ニッコウアザミ

日光地方に自生するノハラアザミの変種。

f:id:yuusuget:20190917101751j:plain

 

 ニッコウアザミにも白花があるようです。

f:id:yuusuget:20190917101713j:plain

 

ニッコウアザミはノハラアザミより葉の切れ込みが多いことが鑑別点。

2回羽状複葉です。

f:id:yuusuget:20190917101811j:plain

 

ツリガネニンジン

   釣鐘人参  キキョウ科ツリガネニンジン属多年草

 学名: Adenophora triphylla var. japonica 

 分布:日本・シベリア東部〜極東アジア

 

ひょろひょろっと伸びた茎から白い釣鐘をたくさん垂らしています。

f:id:yuusuget:20190917103300j:plain

 

学名の japonica が印象的な、なよやかな花です。

f:id:yuusuget:20190917103243j:plain

 

花は釣鐘形で長さ2cm弱。

f:id:yuusuget:20190917103319j:plain

 

ゴマナ

 胡麻菜 キク科シオン属の多年草
  学名:Aster glehni var.hondoensis

 

群生して咲く白い小花、これも初めて見る花でした。

シロヨメナより花が小さく直径約 1.5cm。

f:id:yuusuget:20190918002750j:plain

 

シロヨメナとの違いはまず花の大きさ、シロヨメナの花は直径約 2cmです。

さらに葉の基部に3本の主脈がないことで見分けられるそうです。

f:id:yuusuget:20190917103523j:plain

 

 フシグロセンノウ

 節黒仙翁  ナデシコ科センノウ属多年草

 学名:Lychnis miqueliana Rohrb.

 

林床に突然朱い色を見つけてはっとしました。

f:id:yuusuget:20190918010424j:plain

 

さらに奥に予期せぬ水音!

そのほとりにもフシグロセンノウがキレンゲショウマと揃って咲いていました。

f:id:yuusuget:20190918013753j:plain

 

こちらは出口近くの植え込みの中。

f:id:yuusuget:20190918010458j:plain

 

前の庭では1株のフシグロセンノウを一喜一憂しつつ眺めたものでした。

フシグロセンノウ :はるなつあきふゆ夕菅の庭:So-netブログ

 

 

含満ヶ淵(カンマンガフチ   憾満ヶ淵)

初めに受付で見頃の植物を教えていただいた時、含満ヶ淵も是非と勧められました。

池の周りの細い道を苔むす横木に驚きながら、大谷川 (ダイヤガワ)を見下ろす位置まで転ばぬよう、滑らぬよう、恐る恐る辿ります。

f:id:yuusuget:20190918163103j:plain

 

横木の苔には花が並んでいました。

f:id:yuusuget:20190918015740j:plain

 

水の音が大きくなり、木々の間から渓流が見え始めます。

f:id:yuusuget:20190918015041j:plain

 

碧い水と白い水しぶき、荒々しく削られた岩。

大谷川は華厳の滝下流、小さくても流れは勇ましい急流です。

f:id:yuusuget:20190918165306j:plain

 

左上にかすかに見える赤い影。

これは対岸の「並び地蔵」の一部のようです。

f:id:yuusuget:20190918161654j:plain

 

植物園の中で思いもよらぬ秘境まで見られて嬉しい半日でした。

 

追 加

後で調べると、この「並び地蔵」は徳川家康に仕え、のちに日光山管主を拝命、再興した慈眼大師天海の弟子100名が寄進したものでした。

明治35年の大洪水などによって流されたものもあり、現在70体ほどになっています。

ハプニングがあり、後で対岸で直接お地蔵さんにも対面しました。

f:id:yuusuget:20190919110706j:plain

 

f:id:yuusuget:20190919015012j:plain


 

 

 

 

 


 

 

日光植物園-1

fせっかく日光に来たんだからどうしても日光植物園へ行きたい。

二日目は江戸村へ行く孫達と別れて私達は植物園で降ろしてもらいました。

 

日光植物園

東京大学大学院理学系研究科附属植物園日光分園)

文京区の本園(小石川植物園)では行えない高山植物の教育研究のために

明治35年(1902年)東照宮の近くに開設されましたが、手狭になって9年後に現在の場所に移転したのだそうです。

 

こじんまりした入口の近くに早くもレンゲショウマ!

レンゲショウマ

 蓮華升麻 キンポウゲ科、レンゲショウマ属 1属1種の多年草(日本固有種)。

 学名 : Anemonopsis macrophylla

    分布:東北地方から中部地方大峰山(近畿)

 

長く伸びたチョコレート色の茎から雰囲気のある花や蕾が下垂していました。

f:id:yuusuget:20190906001216j:plain

 

みな俯いています。上の方の花をできるだけ下から撮りました。

外側は萼片、内側の先端が藤紫色の部分が花弁です。

萼片も花弁も厚目なのに透けそうで趣きがあります。

基部に雄しべ多数、突出する雌しべ数本(この花では3本)。

f:id:yuusuget:20190906001252j:plain

植物園は名札があるから安心です。

レンゲショウマの名は葉がサラシナショウマに、花がハス(蓮)に似ているとて付けられたそうです。

ぽってりとした花に比べて葉は薄く、荒い鋸歯があるのが意外でした。

f:id:yuusuget:20190906233854j:plain

 

キレンゲショウマ

 黄蓮華升麻 アジサイ科キレンゲショウマ属の多年生の植物

 学名:Kirengeshoma palmata Kirengeshoma

受付でキレンゲショウマも咲いていると言われ期待していましたが、探すまでもなく通路のロープからはみ出すように咲いていました。

f:id:yuusuget:20190906232755j:plain

あっちにもこっちにも。

f:id:yuusuget:20190909022200j:plain

 その先は裏斜面一面に群生! でも中へは入れません。

f:id:yuusuget:20190910162605j:plain

 

カメラのせいか、光線の具合も悪かったためか、黄色が映えません。

残念ながら今回は身軽に徹してカメラは200gのコンデジのみ。

もっと輝くような黄色のはずなのに残念です。

f:id:yuusuget:20190906232836j:plain

 

 キレンゲショウマレンゲショウマに似ているとて命名されたようですが、レンゲショウマはキンポウゲ科で花や葉の姿も似てませんね。

 

 モミジガサ

 紅葉笠 キク科 コウモリソウ属の多年草 

 学名:Parasenecio delphiniifolius

 別名:シドケ、シトギ、モミジソウ

   花期:8〜9月

モミジガサを初めて見ました。

山菜料理に使うシドケはこのモミジガサのことだったのですね。

f:id:yuusuget:20190909024151j:plain

あちこちにありましたが遠くて花の構造がわかりません。

これでキク科? まだ蕾でしょうか?

f:id:yuusuget:20190909024210j:plain

 

 やっと近くで撮れましたがピンボケ。

ソフトに載せてできるだけ拡大しました。

やはりモミジガサの花はキク科の特徴を備えた管状の頭花のようです。

f:id:yuusuget:20190910015511j:plain

 

淡緑色の総苞の中に小花が5つ。

白い筒状の花弁が5裂して開くと、中から雄しべの葯(黒い部分、5本合着)が伸び、さらにその中から雌しべが花粉を押し出しながら伸び出して2裂して柱頭となる。

キク科の両性花のおさらいでした。

f:id:yuusuget:20190910014420j:plain


これで満開。

キクやタンポポでは中央にたくさん固まっている筒状花が、モミジガサではバラバラになっていると考えればよかったのですね。

f:id:yuusuget:20190910014349j:plain

 

タマアジサイ

   玉紫陽花  アジサイ科アジサイ属の落葉低木

 学名: Hydrangea involucrata

 分布:福島県岐阜県琉球諸島

 花期:7〜9月

 

 入り口近くからアジサイが目につきます。

もう8月も下旬、アジサイの季節ではないはずなのにと思って近づくと少し雰囲気が違います。

f:id:yuusuget:20190908044037j:plain

 

蕾が球形! これぞ、タマアジサイ! 初めての観察です。

蕾はきれいに苞葉に包まれています。

葉は大きくて先が尖り、表面は両面ともザラザラし、縁は細かい鋸歯状。

f:id:yuusuget:20190908043508j:plain

 

開花すると苞葉は脱落。

f:id:yuusuget:20190908043535j:plain

 

装飾花は白色で花弁は4枚。

f:id:yuusuget:20190911121926j:plain

 

 両性花は淡紫色。花弁は5枚が多そうです。 

f:id:yuusuget:20190908043626j:plain


タマアジサイは園内あちこちで見られました。

種子で増えたのでしょうか?

園内は大木の日陰になるところもあり、無帽でも気にならない散策でした。

まだまだ花は色々咲いていましたが、続きは次回に。



 

中禅寺湖へ

昨秋転居以来初めて、息子一家とドライブ旅行に行って来ました。

宿泊は中禅寺湖畔、中学校の修学旅行以来60余年ぶりに訪れる日光です。

行きは「い」〜「ね」まで20カーブの第二いろは坂(1965年開通)。

帰りは「な」〜「ん」まで28カーブの第一いろは坂、今は一方通行ですが中学生の時はここしかなくて、往復とも対面通行で通ったはずです。

幸い、3日とも雨に濡れることなく、時間にも追われず良 い旅でした。

宿の窓から見る中禅寺湖、右は男体山

f:id:yuusuget:20190830234334j:plain

 

華厳の滝 日本三名瀑のひとつ)

エレベーターで降りてさらに階段合計70段を含む地下通路を歩くと観瀑台へ出ました。

爆音とともに97メートルの高さから中禅寺湖の水が滝壺に落下!

豪快です! 中段からの細い滝は「十二滝」。

この落水量は茨城県日光土木事務所が中禅寺湖の水位から調節しているのだそうです。

今年5月までは雨が少なく毎秒1.3トン、7月12日からは2.5トンに増量中と。

小さいコンデジしか持ってこなかったのが悔やまれます。

 

f:id:yuusuget:20190830170823j:plain

 水しぶきを上げて渓谷を下ります。白と碧の動画!

下流は大谷川(だいやがわ)。

f:id:yuusuget:20190830171019j:plain

 

展望台右手に聳り立つ柱状節理の岸壁。

f:id:yuusuget:20190830171622j:plain

 

観瀑台の端から見えた滝。

意外にも険しい崖に黄色の花が咲いていました。

f:id:yuusuget:20190830171703j:plain

 

 イタリア大使館別荘記念公園

ここへ行くには湖畔の遊歩道を歩かねばなりません。

しかし両側から古木が茂ってトンネル状になり、木漏れ日の下は涼しく、左手には湖面が見え隠れするので楽しみながら歩けます。

f:id:yuusuget:20190831122645j:plain


太い幹が地衣類で覆われています。

f:id:yuusuget:20190831122806j:plain

 

灰緑色の濃淡が美しく、コーテイングしたかのようです。

f:id:yuusuget:20190830235102j:plain

 

株立ちの若木がありました。

この太さの幹にもすでにコーティングは始まっています。

f:id:yuusuget:20190830234944j:plain

 

葉の形からもブナの木でしょうか?

f:id:yuusuget:20190830235034j:plain

 

と、突然こんな建物が現れました。

2色の杉皮が大胆に壁に貼られた建築は今まで見たことがありません。

設計はアントニン・レーモンド(ライトのもとで学び帝国ホテル建設の際来日)。

 1928年(昭和3年)にイタリア大使館の夏季別荘として建造。

 1997年(平成9年)まで歴代の大使が使用されたそうです。

その後は栃木県が買い取り、修理復元して公開されています。

2階の寝室には歴代大使の写真が並べてありました。

f:id:yuusuget:20190830235333j:plain

 

入館料200円。1・2階全室見学可。

左側全面のガラス戸からは中禅寺湖が一望できます。

内装にも杉皮がたっぷり使われていました。

f:id:yuusuget:20190830235605j:plain

 

椅子が大小あるのは男性用・女性用の配慮とか。

f:id:yuusuget:20190901003340j:plain

 

 天井は竹と組み合わせた幾何学模様。

f:id:yuusuget:20190830235716j:plain

 

ろうそくに火をつけたらすぐ晩餐会が始まりそう。

f:id:yuusuget:20190830235631j:plain

 

2階には寝室が3つあり、それぞれにベッドが二つづつ。

内外ともに壁は杉皮張りのパッチワーク、建物全体が工芸作品という感じでした。

暖炉の石積みの曲線も楽しい。

f:id:yuusuget:20190831215647j:plain

 

南面は湖がよく見えるよう全面ガラス張りです。

2階は見事な杉皮の市松模様、実は老朽化したため改修、今年4月リニューアルオープンしたばかりだったようです。

近くで見るとガラスはところどころ揺らいでいて昭和のレトロガラスかと思われます。

f:id:yuusuget:20190830235239j:plain

 

桟橋もあり、ここへ中禅寺湖の遊覧船が発着できるようです。

但し、これは今年6月開設されたばかりで、帰宅後ネットで知った情報です。

1920〜1930年代はこの近くに40軒の外国人別荘が建ち、国際避暑地となりました。

夏は湖畔外交が展開され、ヨットレースも行なわれたそうです。

しかしその後の戦争ですべて衰退!

f:id:yuusuget:20190831000441j:plain

 

ゆっくり湖を見ていたら「鹿がいますよ」と声を抑えた誘いの声!

大使館のすぐ裏の木立ちの中を二頭のシカの後ろ姿が見えました。

この大使館に泊まられた(?)歴代大使の方々はもっといろんな自然を体験なさったことでしょう。

近くに英国大使館別荘記念公園もあります。

次は日光植物園です。